節句人形豆知識 奥深くておもしろい!

ホーム > 節句人形豆知識 > 木目込人形[胴]

ひな人形のできるまで


木目込人形 [胴]


木目込人形は、胴体に彫った溝に布地の端を埋め込んで、衣裳を着せたように見せる人形です。埋め込むことを「きめこむ」ともいったところから、木目込(きめこみ)人形と呼ばれるようになりました。
木目込人形は、頭と胴体を別々に作成し、胴体が出来上がった後に頭を取付けて仕上げます。

Movieボタンを押すと、別ウィンドウで動画が再生します[QuickTimeプラグインはこちら

[1]原形づくり
作ろうとする人形のイメージに基づき、粘土などで人形の原形を作ります。
できた原形に、木目込みのポイントとなる衣裳の合わせ目や、ヒダ、帯などの形を彫りこみます。
Movie 原型づくり〜釜いけ
[2]釜いけ
粘土で作った原形を木枠の中に入れ、あらかじめ液状に溶かしておいた硫黄を手早く流し込みます。このとき木枠を前後左右に軽く動かし、硫黄がまんべんなく行き渡るようにします。さらに硫黄を木枠いっぱいになるまで流し込みます。原形を抜き出したあとに作られた型を釜といいます。釜は上下または前後に分けて作ります。
[3]生地づくり
虫のつかない桐の木を粉末にし、これに正麩糊(しょうふのり)を良く混ぜ合わせて練り上げ、桐塑(とうそ)と呼ばれる粘土状の生地を作ります。

[4]桐塑詰め(生地押し)
2つに分かれた釜の双方に油を塗り、胴体の中が空洞になるように中央を窪ませながら生地を型に押しつけます。中を空洞にするのは、胴体を軽くし、乾燥を速め、狂いが生じないようにするためです。生地を詰め終わったら、中心部に紙を詰め、型が崩れないように補強をしておきます。2つの釜を合わせ強く押さえつけると、胴体の形が出来上がります。
[5]乾燥
できた胴体を乾燥室で十分に乾燥させます。


[6]彫塑
乾燥後、生地表面のでこぼこを、やすりで滑らかにし、ひび割れがあれば桐塑で埋め、全体をきれいに補正します。

[7]胡粉塗り
貝殻の内側を粉末にした、真っ白な胡粉(ごふん)を膠(にかわ)で練り餅状にします。それを湯に溶かし、胴体全体に刷りこむようにして塗ります。 この工程は生地を引き締め、筋彫りをしやすくするためです。
[8]筋彫り
布地が一定の膨らみと流動感を表現できるように筋を彫りこみます。彫る溝の深さ、幅は木目込む布地の種類や厚さによって異なりますが、一定の幅と深さになるように彫ることが求められます。
Movie 筋彫り